レオナです。

今回は、10年ほど前に流行した納豆ダイエットの効果とやり方(方法)について講義をしていこうと思います。

納豆ダイエットは、1日1回食前に納豆を食べるというダイエットです。

その手軽さが世間に受け入れられ、スーパーから納豆の品切れ状態が続いた事もあります。

反面、人気テレビ番組「あるある大事典」での、納豆ダイエット挑戦前後のデータ改ざんが報告され、納豆の名が傷つけられたこともあります。

しかし、テレビ番組の不手際で納豆のイメージが落ちたとは言え、納豆によるダイエット効果は健在です。

その理由について、詳しくお届けしていきます。

それでは行ってみましょう。

納豆ダイエットの効果とは

何故、納豆にはダイエット効果があるとされているのでしょうか。

それには、以下のような理由があります。

1.納豆に含まれる食物繊維によって整腸作用が起こる

2.エネルギーを燃焼させやすい

では、これらについて1つずつ区切って解説していこうと思います。

 

1.納豆に含まれる食物繊維によって整腸作用が起こる

納豆には、たくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維を食べることで、あなたのお腹の調子を整えてくれるのです。

お腹の調子が整うと、ダイエット中のあなたにとって、とても嬉しい事が起こります。

具体的には、食物繊維を食べることで便の排出がスムーズになります。

便とは、身体の中で役割を終えた「老廃物」のことです。

老廃物は、体内に発生したら速やかに、体外に排出しなければなりません。

何故なら、身体に老廃物が溜まっていくと、どんどん腐敗していくからです。

腐敗した老廃物は、体内に毒素をまき散らします。

そうすると、体細胞にダメージを与えるのです。

体細胞は通常、エネルギーを生み出すことに力を注いでいますが、体内毒素によってダメージを与えられた時は、そのダメージの修復に力を使います。

つまり、エネルギーを生み出すことをそっち除けにして、ダメージの修復に力を注ぐのです。

するとどうなるか。

非常に痩せにくい体質になります。

毒素によってダメージを受けた体細胞が、そのダメージの修復に力を注ぎます(つまり、エネルギー産生効率がとても悪くなり、痩せにくい体質になります)。

その毒素の出所は、体内に蓄積されて腐敗した老廃物です。

ダイエットを成功させるためには、痩せやすい体質になった方が効率が良いです。

そのため、ダイエットをする上では老廃物の排出が欠かせないということになります。

お腹に溜まっている便も、老廃物の1つです。

納豆に含まれている食物繊維を摂取することで、便の排出を促してくれます。

 

2.エネルギーを燃焼させやすい

納豆には、エネルギーを燃焼させやすくする働きがあります。

ダイエットをする時は、エネルギーをたくさん生み出せた方が良いです。

何故なら、それが痩せやすい体質の条件だからです。

納豆による、エネルギーを燃焼させやすくする働きについては、2つの作用があります。

それらが別々に働き、あなたの身体を相乗的に痩せやすくしてくれます。

・ナットウキーゼによる血液循環促進作用

納豆に含まれるナットウキーゼと呼ばれる成分が、血液の流れを良くしてくれます。

血液は、エネルギーの元になる栄養分を細胞に運んでくれる存在です。

血液の流れが滞ると、細胞にエネルギーの元が辿りつきません。

そうすると当然、細胞がエネルギーを作りだしにくくなるので、エネルギーを燃やす働きが弱まります。

なので、ダイエットをする時は血行を良くする事が必要です。

納豆に含まれるナットウキーゼは、血液中をさらさらにしてくれ、血液の流れを良くする働きを持ちます。

なので、エネルギーがたくさん燃焼されやすくなり、痩せやすい体質になることが出来るのです。

・納豆に含まるたんぱく質による筋肉増強作用

納豆の原材料は大豆です。

大豆にはたくさんのたんぱく質が含まれます。

ダイエット中には、意識的にたんぱく質を摂取する事が肝心です。

何故なら、たんぱく質を摂取する量が少ないと、筋肉量が減り、基礎代謝量が減るからです。

基礎代謝量とは、一日の内に必要な、必要最低限のエネルギーの事です。

この基礎代謝量を上げることで、黙ってても勝手に体重が減っていき、痩せやすい体質になる事が出来ます。

基礎代謝量は、身体の筋肉量によってその量を上下させます。

筋肉量が多ければ基礎代謝量は大きくなり、逆に筋肉量が少なければ基礎代謝量も少なくなります。

基礎代謝量を増やして痩せやすい体質になるためには、筋肉量を増やす事が必要です。

そのためには、たんぱく質の摂取が大切なのです。

ところが、ダイエット中は食事制限をするので、たんぱく質が不足気味になります。

そうなると今度は、体内の筋肉量を維持する事が出来なくなるので、筋肉量が減っていきます。

筋肉量が減ると基礎代謝量は小さくなっていき、痩せにくい体質になってしまうのです。

なので、ダイエット中は筋肉量を維持するためにも、たんぱく質の補給が欠かせません。

納豆の原料である大豆には豊富なたんぱく質が含まれるので、たんぱく質補給には最適です。

・ナットウキーゼによる血行促進作用

・納豆の原料である「大豆」に含まれるたんぱく質によって筋肉量を維持・増進する

この2点が相乗的に働き、ダイエット効果が表れるのです。

 

以上が、納豆によるダイエット効果の解説になります。

納豆ダイエットを成功させるためのやり方(方法)とは

では実際に、納豆ダイエットを成功させるためには、どのようなやり方(方法)が必要なのでしょうか。

・1日1回、食前に納豆を1パック食べる

・メインの食事を良く噛んで食べる

・納豆と他の食材を組み合わせて食べても良い

上に示したように、納豆ダイエットのやり方はとても簡単です。

1日1回納豆を食べるということですが、朝食・昼食・夕食の、どのタイミングで食べていただいても構いません。

何故なら、納豆を食べる事自体が大切なので、「納豆を食べるタイミング」は、ダイエットの結果にあまり関わらないからです。

大切なのは、良く噛む事です。

良く噛むことで、納豆(メインの食事含め)に入っている栄養素の吸収が速やかに行われます。

満腹中枢が刺激され、「食べた―」という満足感を味わえるので、是非ともやってみてください。

また、「納豆だけでは飽きてしまう」という場合には、キムチや刻みネギを納豆に混ぜ込んで食べても構いません。

納豆との組み合わせを模索するのも楽しいと思います。

納豆ダイエットの効果・成功させるためのやり方(方法)とは 総括

今回は、納豆ダイエットについて講義をさせていただきました。

納豆は好き嫌いが分かれるところですが、ダイエットにはとても有効な食品です。

スーパーで簡単に手に入る食材ですので、是非ともお試しいただければと思います。

それでは。

レオナ

コンテンツ一覧へ