レオナです。

今回は、キャベツダイエットの効果について詳しく講義をしていきます。

それと同時に、キャベツダイエットを成功させるための方法論についてもお届けしていこうと思います。

キャベツダイエットとは、「食前に生のキャベツを食べてから通常の食事に入る」というダイエット方です。

その手軽さから、14年ほど前にブームになりました。

スーパーからキャベツが消える……。

まるで夢のような光景が現実になったのです。

最も、ダイエット食品としてクローズアップされた食品は、キャベツ以外にもたくさんありました。

その度にスーパーから特定の食品たちが品薄状態になっていましたが、キャベツも例外ではなかったのですね。

今回は、そのキャベツダイエットについてお届けしたいと思います。

キャベツダイエットの効果・成功するやり方(方法)とは

食前にキャベツを食べることによって、どうしてダイエット効果が表れるのか。

それには2つの理由があります。

1.キャベツがお腹にたまるので、満腹感を感じやすい

2.低カロリーであること

それぞれについて解説していきます。

 

1.キャベツがお腹にたまるので、満腹感を感じやすい

キャベツには多くの食物繊維が含まれるので、かみごたえがあります。

ということは、キャベツを食べるのには多くの時間が必要ということです。

人の身体は、食べ始めから20分くらいから満腹中枢が活発に動き出し、満腹感を感じ始めます。

逆のことを言えば、満腹中枢が活発に動かないうちに食べ終わってしまうと、「食べたー」という満足感を得られにくいのです。

キャベツを食前に食べることで食事時間を長くし、満腹中枢を刺激出来るようにします。

そうすると、メインの食事を減らしたとしても、程よい満足感を味わうことが出来ます。

この時、キャベツは生で食べることが肝心です。

何故なら、あのシャキシャキとしたかみごたえは、キャベツを生の状態で食べることによってのみ、感じることが出来るからです。

キャベツを茹でたり焼いたりしても美味しく召し上がって頂けるのですが、生の状態に比べて、食べる時間が早くなってしまうと思います。

生のキャベツを食べる意味は、「キャベツきちんと噛んで、食事の時間を伸ばすこと」にあります。

もちろん、食事の時間を伸ばすといっても、だらだら食べるという意味ではありません。

満腹中枢が刺激されるまでの、「食べ始めから20分」の時間をやり過ごしためです。

そうすることで、少量の食事でも満足感を得やすくなります。

 

2.低カロリーであること

キャベツは、質量100グラムに対して22kcal~30kcalほどしかありません。

そのため、キャベツダイエットで食前にキャベツをたくさん食べたとしても、摂取カロリーは知れています。

キャベツは、どんなにたくさん食べられても、せいぜい500グラムが限界でしょう。

ということは、キャベツのカロリー摂取量は、多くて150kcal程度になります。

キャベツの後に食べるはずのメインの料理も、少しの量で満足します。

キャベツとメインの料理のカロリーを合計したとしても、あまり大きくはなりません。

何故なら、前述した「1」の項にあるように、キャベツダイエットをすると満腹中枢を刺激しやすくなるからです

つまり、あまり食べ物が入らないということになります。

そのため、キャベツダイエットは比較的ストレスが少なくダイエットが出来るのです。

以上2点が、食前にキャベツを食べることによるダイエット効果になります。

キャベツダイエットの具体的なやり方(方法)

では実際に、キャベツダイエットをする際は、どのようなルールがあるのでしょうか。

以下にキャベツダイエットのルールを上げていきます。

・毎食前にキャベツをゆっくり食べる。

・キャベツの量に決まりはない。

・キャベツを食べるときは必ず生で、ドレッシングをかけない。

・メインの料理もゆっくり食べる。

簡単に言えば、食前にキャベツを食べてからメインの料理を食べるダイエットになります。

注意点としては、「キャベツにドレッシングをかけない」ことが大切です。

何故なら、ドレッシングにはかなりのカロリーがあるからです。

ドレッシングで太ることも珍しくないと思います。

また、ドレッシングの原材料として、砂糖を使っているものも珍しくありません。

確かに砂糖は、私たちの身体のエネルギーとして働いてくれますが、ダイエット中に限っては避けたい食品です。

砂糖は体脂肪に変わりやすいからです。

そのため、キャベツを食べる時は生のまま、もしくは「オリーブ油+塩」などをかけて召し上がってください。

キャベツダイエットの効果・成功するやり方(方法)とは 総括

今回はキャベツダイエットについて講義をしてきました。

食前にキャベツをゆっくりと食べ、満腹中枢を刺激し、少量の食事でも満足感を得られる…というダイエットになります。

是非とも参考にして下さい。

レオナ

コンテンツ一覧へ