レオナです。

今回は「ダイエット中に有酸素運動を行うことは適しているかどうか」を考察していきます。

それに伴い、ダイエット中に適した運動も紹介していきたいと考えています。

ダイエットは、正しい食習慣を身につけると同時に、正しい運動習慣を獲得しなければなりません。

何故かというと、ダイエット中に食事改善を行うだけでは、筋肉量が減ってしまうからです。

筋肉は脂肪よりも質量が大きいです。

運動は一切せずに食事制限だけをして痩せたという場合は、筋肉だけが落ちて体重が減ることが以外にも多いものです。

例え一時的に体重が減ったとしても、筋肉量が落ちてしまったら「スタイルが悪くなる」「姿勢が悪くなる」といったことが起こってきます。

そのことから、ダイエット中は食生活の改善をするとともに、運動習慣を獲得することが大切です。

有酸素運動はダイエットに効果的か

まず最初に、有酸素運動はダイエットに適しているかどうかについて結論を申し上げます。

私は「有酸素運動はダイエットに適さない」と思っています。

一番大きな理由は「有酸素運動をした後の達成感が食欲を増進するから」です。

あなたは、ダイエット中のノルマである「一日の運動」をし終わった後(もちろん、ダイエット中に運動する場合です)に、大きな達成感に包まれたことはありませんか。

「よし!今日の運動は終わった!」

実は、こういった「運動後の達成感」を感じることは、ダイエットをする際に大きな障害になり得ます。

何故なら、食欲を増進させるからです。

今日は運動を頑張ったから、少しくらい食事の量を増やしても構わないだろう。

「運動したご褒美のスイーツ!」

思わずこうなってしまうのも珍しくありません。

この人は運動を日常的に行っているはずなのに、なぜか太っている……。

あなたは、そういった方を見かけたことはありませんか。

ダイエットを成功させるために行っているはずの有酸素運動が食欲を増進させ、かえって逆効果になってしまうことがしばしばあります。

そのままでは、「趣味エクササイズ、特技リバウンド」になってしまいますよね。

確かに、運動をした後の食事は格別の美味しさです。

あんなに頑張ったのだから、少しくらい食べても大丈夫。

そう思ってしまうのも大いに頷けます。

しかし、せっかく有酸素運動でカロリーを消費したのに、余分な食事によって摂取カロリーを増やしてしまったらプラマイ0です。

少し間違えば、体重が増えることにも繋がりかねません。

いくら有酸素運動をしてカロリーを消費しても、それを上回る食事量を摂っていれば痩せることが出来ないのは当然です。

ダイエットを成功させるという結果を取るか、それとも快楽を取るか。

ダイエットを成功させるつもりならば、「ご褒美のスイーツ」は避けるべきです。

そのことから、有酸素運動は、運動後の達成感が思わぬ落とし穴になることがお分かり頂けたかと思います。

確かに、有酸素運動は体力づくりをするのに良い運動です。

若いころからコツコツとランニングや水泳をして体力を作っておけば、高齢になった時、病気にかかりにくくなります。

しかし、ダイエットのために有酸素運動をすることはお勧めできません。

やはり、運動後の達成感がネックになってくるのです。

ダイエットに最適な運動とは

私が思う「ダイエットに最適な運動」とは、筋肉トレーニングです。

何故なら、筋肉トレーニングを行って筋肉量を増やすことで、基礎代謝が増えるからです。

基礎代謝が増えると、痩せやすい体質になる事ができます。

基礎代謝とは、分かりやすく言うと「生きていくのに最低限必要なエネルギーのこと」を指します。

言うならば、一日中寝ていても勝手に消費されていくエネルギーです。

基礎代謝が増えると、わざわざ運動をしてエネルギーを消費しなくても、痩せることが出来るようになります。

つまり、痩せ体質になれるのです。

基礎代謝を増やすためには、筋肉量を増やさなければなりません。

何故かというと、筋肉は大きなエネルギーを必要とする部分だからです。

筋肉量を増やす事が、手っ取り早く「基礎代謝を増やす」ことになります。

いくら脂肪を増やしても、基礎代謝は増えません。

なので、基礎代謝を増やすためには筋肉量を増やす事が効率的なのです。

筋肉量を増やすためには、当然運動することが必要になってきます。

食事制限だけでは筋肉量は増えませんので。

逆に、食事制限だけをしてダイエットをしようとすると、筋肉量が減ってしまいます。

何故かというと、食事制限だけを行うダイエットをすると、運動量が減るからです。

運動量が減ると、あなたの脳は「こんなに筋肉は要らない」と判断し、筋肉を落とします。

病気で長期間寝込んでいると、筋肉がほとんど落ちてしまいますよね。

そのことから、筋肉を増やすためには、運動が必要なのです。

筋肉を増やす運動として、最も手っ取り早いのは「筋肉トレーニング」になります。

筋肉トレーニングは、短時間で集中的に行う運動ですので、有酸素運動の欠点である「達成感」を感じにくいのも、大きな利点です。

筋肉トレーニングは長い時間を必要としません。

「本当にこれくらいでいいの?」

と思ってしまうほど短時間で行えるため、達成感が少ない(良い意味で、です)のが、本当のところになります。

当然と言えば当然ですが、筋肉トレーニングの目的が「筋肉増強」に置かれている以上、それを行ったほうが、効率的に筋肉をつけることが出来るわけです。

筋肉トレーニングは、自宅で簡単に行うことも出来る運動ですので、とても手軽に行う事が出来ます。

もちろん、ジムやフィットネスクラブで筋肉トレーニングを行っても構いません。

ベンチプレスやウエイトカールなどの重りをつけた運動でなくても、腕立て伏せや背筋運動などの自重トレーニングのみでも、筋肉をつけられます。

筋肉トレーニングを淡々と行い、筋肉をつけることで基礎代謝を増える。

基礎代謝が増えることで、痩せやすい体質になる。

私はこのことから、筋肉トレーニングが「ダイエット中に適した運動」であると思っています。

有酸素運動はダイエットに効果的か 総括

今回は、有酸素運動はダイエットに有効かどうかについて講義を行ってきました。

残念ながら有酸素運動は「運動後の達成感によって食欲が喚起される」点で、ダイエットには不向きになります。

その代わりに筋肉トレーニングを行った方が良いと思います。

痩せやすい体質に近づくだけではなく、より良い姿勢になれて、自信も着きます。

是非とも参考にしてください。

レオナ

コンテンツ一覧へ