レオナです。

今回は、ダイエット中に誰でも悩んだことがある、「食欲」という誘惑を上手に避ける方法について講義をしていきます。

「食べたいけど食べられない」

これは、あなたがダイエットの経験をしたことがあるなら、一度は味わったことがあると思います。

食欲と理性がせめぎ合っている状態です。

しかし、その食欲を忘れる事が出来る方法があることをご存知でしたか。

食欲さえ忘れることが出来れば、ダイエットを無理なく成功させることが出来ます。

今回は、ダイエット中の様々な誘惑から遠ざかり、特に意識していないのに――つまり無意識的に――、ダイエットが成功してしまう具体的なノウハウについてお届けしていきます。

それでは行ってみましょう。

ダイエットにおける食欲という誘惑を遠ざけ、無意識に成功する方法

ダイエットをするためには「正しい食習慣」と「正しい運動習慣」を獲得し、その両方のバランスを取ることが必要です。

さらに言えば、ダイエットを本当の意味で成功させるためには、2つの生活習慣を継続させることが大切になってきます。

ダイエットを本当の意味で成功させるとは、「正しい生活習慣を身につけ、二度とダイエットが必要なくなる」ということです。

何故なら、ダイエット中に「食習慣」「運動習慣」の片方だけに気をつけても、結果を出す事が難しいからです。

この事実は、あなたもよくご存じだと思います。

しかし、ダイエットをする人の多くがこの事実を知っていても、失敗する人が後を絶たないのはどうしてでしょうか。

その答えは簡単です。

「正しい生活習慣を継続することが出来ないから」

つまり、ダイエットが必要なくらい太ってしまった理由である、「食習慣」「運動習慣」を正す生活が続かないということです。

甘いお菓子を我慢していた生活が耐えられなくなった。

毎日の運動が億劫になり、全然運動しなくなった。

ダイエットが失敗する(正しい生活習慣を続けることが出来なくなった)原因は様々ですが、あなたもご自分なりに想像してみてください。

確かに、「もっと短期間に、楽をして痩せたい」という意見があるのは認めます。

実際、ダイエットに挑む多くの人がそう思っていることでしょう。

しかし、例え短期間でダイエットに成功したとしても、すぐにリバウンドしてしまうことでしょう。

何故なら、短期間でダイエットの成果を出すためには、心身に多くのストレスを感じさせてしまうからです。

そのストレスが溜まりに溜まって、いつの日か(ダイエット目標を達成したらすぐに……)爆発することは目に見えています。

一時的に痩せることが出来たとしても、根本的な「太ってしまった原因」を取り除かない限り、ダイエット⇒リバウンド⇒ダイエット⇒リバウンド……の流れからは解放されないのです。

では、正しい生活習慣が続かない、根本的な原因は何でしょうか。

ズバリ、「誘惑」です。

逆説的ではありますが、ダイエット中に関して言えば、「誘惑をいかにして退けるか」という視点が大切になってきます。

例えば食事制限をすると、今まで食べていた「ケーキ」「まんじゅう」などの甘いスイーツを控えなければなりません。

食べすぎた糖分は、全て体脂肪として体内に蓄積されるからです。

ダイエット中で食事制限をしている最中に、目の前にイチゴが乗ったショートケーキが運ばれてきたのを想像してみてください。

「採れたてのイチゴの豊潤な甘い香りと、生クリームの持つバニラのフワッとした匂いが鼻腔をくすぐり、唾液が自然と分泌されている。その唾液が、今まで食欲を抑えて乾いていた口の中を潤しているのが実感できた……。食べたい

「ダイエット中だから、甘いお菓子は食べてはならない。ましてやケーキなど……。食べてはいけない

このように、「食べたい」という欲求(食欲)と「食べてはいけない」という思い(理性)が葛藤すると思います。

あなたにもきっと、こういった経験があるのではないでしょうか。

つまり、自分の中で欲望と理性がせめぎ合っているということです。

「食べたい。でも食べてしまったらいけない」

「でも食べたい。ああ、ケーキなんかこの世から消えればいいのに!」

「よだれが……。身体は貪欲にケーキを欲しているが、理性で抑えなければ」

「でも、でも、一口だけなら……」

そうした結果どうなるかというと、

「食べてはいけないのは分かっていたのに食べてしまった。……後悔

「何とか食欲を我慢することが出来た。……はあ、疲れた

の2つに結果が分かれると思います。

・本当は食べてはいけないことが分かっていたのに食べてしまい、罪悪感が溢れてくる

・多大な葛藤の上、食欲を我慢できたとしても、大きな疲れを感じる

このように、食べても食べなくても、ストレスを感じるということになります。

つまり、どちらにしてもストレスを感じる事態は避けれらないということです。

原因は、前述に示したように「誘惑」のせいです。

誘惑によって欲望が喚起されるためです。

この場合だと、「誘惑」は「イチゴの乗ったショートケーキ」に該当します。

ショートケーキでなくとも、ダイエット中における「誘惑」は様々です。

仏陀が断食をして修業をしている時に悪魔が現れ、「女の誘惑」「食欲の誘惑」「自堕落な生活への誘惑」などあらゆる手段を使って、仏陀の断食を止めさせようとしました。

この話においては誘惑をする存在のことを「悪魔」と表現していますが、実際のところ「悪魔」とは自分自身のことです。

仏陀は誘惑に打ち勝って無事に悟りを開いたようですが、流石にストレスフリーとは行かなかったことでしょう。

自分の中の誘惑と闘い、それに打ち克っていくことは時として重要です。

忍耐力を養い、人間力を向上させてくれるからです。

しかし、ダイエットに関して言えば、「誘惑と闘う」ことは、それ自体がとても効率が悪いことだと言えます。

何故かというと、食欲と理性を闘わせることは、どちらが勝ったとしてもストレスを感じることになるからです。

そのストレスが蓄積され、バカ食いという形で反動が来たら、あっという間にリバウンドしてしまうことでしょう。

闘うことは不毛なんです。

戦争は、その勝者と敗者に何をもたらすか。

それは「虚しさ」だと思います。

その虚しさを感じないようにするためには、戦争をするよりも、いかにして「戦争を避けるか」に頭を使い、歩み寄れる……という考えが重要になってきます。

その方がよっぽど生産的ではないでしょうか。

ダイエットにも同じことが言えます。

つまり、ダイエット中は「いかにして誘惑を退けるか(いかにして欲望と理性の衝突を避けるか)」という視点、考え方が重要ということです。

いかにしてダイエット中の誘惑を避け、食欲を抑えるか

食欲を抑えるために、ダイエット中における「誘惑」をいかにして遠ざけるか。

それを可能にするために、まずは「誘惑」とは何かを認識しなければなりません。

ダイエットに成功している人たちはこれらを認識したからこそ、ダイエットに成功しているのだと思います。

どうせダイエットをするなら、ダイエットの成功者と同じ考え方を持った方が賢いです。

そこで私が考える、ダイエット中における「誘惑」は以下の通りです。

・食料品が売っているお店

・インターネット

・家に買い置きしてあるお菓子

・テーブルの上に出しっぱなしになっている食事

つまり、食欲が喚起されるもの全てが「誘惑」に該当するということになります。

あなたにも、心当たりがあるのではないでしょうか。

1つずつ解説していきます。

 

・食料品が売っているお店

コンビニやスーパー、カフェなどがこれに該当します。

何の目的もなくお店に入り、ぶらぶらしているうちに食料品を購入したことはありませんでしょうか。

気付けばケーキや甘いジュースを袋に提げ(もしくはお店で食べ)、帰宅している時があると思います。

少なくとも、私はそういう経験があります笑。

確かに、そういった「お金を出せばすぐに食べ物が購入できること」は便利です。

しかし、その手軽さがダイエット中には落とし穴になっている可能性が大きいので、注意が必要です。

 

・インターネット

現代は、誰もが携帯電話やパソコンを1台以上持ち合わせている時代です。

「インターネットを使わない」という人の方が少ないのではないでしょうか。

そのインターネットですが、購買意欲を掻き立てる広告に溢れています。

インターネットでも食料品が頻繁に売り買いされているのは、もはや当たり前になっていますよね。

アマゾンなどのネットショップを使えば、自宅にいながら、誰でも手軽に食料品を買うことが出来ます。

インターネットは、ダイエット中における「誘惑」に溢れた世界であると認識してください。

キーワードを検索窓に打ち込み、検索ボタンをクリック。

それだけでも、欲求が刺激される情報が目に飛び込んできます。

 

・家に買い置きしてあるお菓子

あなたもきっと、家に買い置きしてあるお菓子をつまんだことがあるでしょう。

1袋食べきったら、もう1袋食べる。

そういった経験はありませんか。

お菓子が家に買い置きしてあると、食欲がなくても無意識にお菓子を口に入れてしまうものです。

これは、ある意味仕方がないことだと思います。

買い置きのお菓子も、ダイエット中における「誘惑」の1つになり得るのです。

 

・テーブルの上に出しっぱなしになっている食事

ご飯が終わったら後片付けをするのが普通ですが、残り物をテーブルの上に出しっぱなしにしていませんか。

目の前に食べ物があったら、食欲が無くても手を出してしまうのが人の性です。

例え話をしましょう。

犬は、目の前に出された餌を全て食べきってしまいます。

それはもちろん良い事なのですが、犬の餌をさらに追加しても、全く気にすることなくぺろりと平らげてしまうのです。

つまり、目の前にある餌を食べきらない限り、食事を止めることはしないということです。

これは、人間にも同じことが言えます。

この心理を詳しく解説した講義があるので、より詳しく知りたい場合はこちらへどうぞ>>食欲を自然に抑えてダイエットを成功させる方法

なので、もしも食事が残ってしまったら、テーブルの上に出しっぱなしにしないことが必要です。

 

これら4点が、私が考えるダイエット中における「誘惑」です。

「誘惑なんか避けようがないじゃないか」

確かに、そういった声が多くあるのは事実だと思います。

しかしながら、多くの人が「誘惑なんて避けようがないじゃないか」という声に甘んじているおかげで、ダイエットに失敗する人が後を絶たないことも事実です。

人は悲しい事に、言い訳をする時には最大限の創造性を発揮します。

そのことから、「誘惑なんか避けようがないじゃないか」という意見は、方向性がずれているのではないかと思います。

では、これらの「誘惑」を元に「誘惑から避ける方法」を考えるためにはどうしたら良いでしょうか。

逆説的ではありますが、これらを避ける、もしくは遠ざける視点を手に入れることが、ダイエット中には大事になってきます。

誘惑と正面からぶつからないことが必勝法なのです。

つまり、これらの「誘惑」を全て回避できる環境を作ることが、食欲を抑えてダイエットを成功させることに繋がっていきます。

ダイエット中の「食べたい」誘惑自体を遠ざけ、無意識に成功する方法 総括

ダイエット中における誘惑を避けるためには、まずは「誘惑」とは何かを認識することが大切です。

それを踏まえた上で、「いかにして誘惑を退ける」について考えてみてください。

大事なのは、闘わないことです。

是非とも、実践してみてください。

レオナ

コンテンツ一覧へ