レオナです。

今回は、「ダイエットをするためには運動を並行して行うと効果的である」と言われる理由について、詳しく講義を行っていきます。

「痩せるためには運動をしなさい」

これは、あなたにダイエットの経験があるならば、一度は言われたことがある言葉だと思います。

痩せるために食事を制限する(正しい食生活を送る)ことは、恐らく腑に落ちるでしょう。

しかし、ダイエットをするには何故、食事制限とともに運動(エクササイズ)を行うことが、効果的なダイエットに繋がるのでしょうか。

この講義で答えを示していこうと思います。

それでは行ってみましょう。

ダイエット中に運動(エクササイズ)すると効果的と言われる理由

食生活の改善とともに運動習慣を身につけると、どうしてダイエットがスムーズに行えるのか。

その理由として3つ挙げられます。

①運動をすることで、体脂肪を燃焼することが出来る

②運動をして筋肉量を増やすことによって、基礎代謝量が増える

③蠕動運動が活発になり、老廃物の排出がスムーズになる

「運動すると痩せるよ!」という言葉の背景には、これらの事が関係しています。

これだけでは分かりにくいかと思いますので、1つずつ解説していこうと思います。

 

①運動をすることで、体脂肪を燃焼することが出来る

これは有酸素運動(ランニングやサイクリングなど、呼吸をしながら長時間かけて行う運動)に限られた話になりますが、運動をすることによって、余分な体脂肪がエネルギーとして使用されます。

体脂肪が減ると、当然ながら体重も減り、ダイエットに繋がるということです。

しかし、ウエイトトレーニングや無酸素運動(100メートル全力ダッシュ)などの運動では、体脂肪がエネルギーとして使用されない点に注意してください。

何故かと言うと、前文の運動はごく短時間に行う運動なので、エネルギー源として糖質だけが使われるからです。

逆に、エネルギー源として使用できる糖質が少なくなった時に、体脂肪(中性脂肪)がエネルギーとして使われます。

長時間に渡って行う運動によって、エネルギーの供給源が「糖質」から「脂肪」にシフトする。

そのことから、運動をすることで体脂肪を燃焼させることが出来ると言われているのです。

 

②運動をして筋肉量を増やすことによって、基礎代謝量が増える

運動をすると、当然ながら筋肉量が増えます。

そして筋肉量が増えるに伴って、基礎代謝量も増えていくのです。

基礎代謝量とは、一言で言うと、「ただ生きているだけで必要なエネルギー量」のことを指します。

一日中動かずにじっとしていくだけでも消費されていくエネルギーになります。

逆の言い方をすれば、「生きていくのに最低限必要なエネルギー量」ですね。

基礎代謝量が少ないと、一日に消費されていくエネルギーの総量はどうしても少なくなるので、痩せにくい体質になります。

もちろん、冬山で遭難した時など非常時においては、基礎代謝量が少ないほうが生存率は高まるのですが、「ダイエットをする」という目的がある以上、基礎代謝量を上げた方が効率的です。

基礎代謝量が多いと、一日に消費されていくエネルギーの総量が増加し、結果として痩せやすい体質が出来上がります。

「食が細い人なのに、この人はどうしてこんなに太っているのだろう」と感じたことはありませんか。

一方、「こんなに食事の量が多いのに、この人はどうしてこんなに痩せているんだろう」と思ったことはありませんか。

前者に挙げた人は基礎代謝量が少ないので、食事を少なめに摂っていても、太りやすくなってしまいます。

しかし後者に挙げた人は基礎代謝量が多いので、食事を多めに摂っていても、痩せやすいのです。

どちらも「基礎代謝量」が関係しています。

ダイエットを効率的に成功させるためにも、基礎代謝量を多くすることが必要です。

 

③蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になり、老廃物の排出がスムーズになる

運動(エクササイズ)を行うことによって、お腹の蠕動運動が活発になり、排便が促されます。

すると老廃物(うんち)の排出がスムーズになるので、結果としてダイエットに繋がるのです。

要は、体内に溜まった老廃物がダイエットを邪魔しているので、それを排除することによってダイエットを成功させることが出来る、という話です。

それは、運動することによって可能になります。

それを説明をするためには、体内に溜まった老廃物が、どうしてダイエットを邪魔するのかについて説明しなければなりません。

結論から申し上げると、「体内に溜まった老廃物が、代謝の流れを悪くする」からです。

代謝とは「新陳代謝」の略であり、食べたものを細胞として合成する「同化」、実際に体の器官を動かしてエネルギーを消費する「異化」が存在します。

前述した基礎代謝(量)も代謝の1つです。

私達が食べたものは、代謝を経て体外に老廃物として排出されますが、この時、老廃物の排出がスムーズに行かないと、代謝機能が落ちてきます。

一本のトンネルをイメージして見てください。

出口が塞がっているのに、入口からガンガンと新しい物質が入ってきたら、入口はそれを受け入れられますか。

答えはNOだと思います。

それは、あなたの身体でも同じことです。

当然、代謝機能が落ちますよね。

代謝が悪いと、身体がむくんだり、病気にかかりやすくなります。

つまり、老廃物の排出が滞ることによって代謝機能が落ち、ダイエット(身体の機能全般)に支障をきたします。

まずは出口から綺麗にしましょう、という話です。

運動をすることによって腸の蠕動運動を活発にすることで、お腹に溜まっていたうんちを排出しやすくなります。

なので、ダイエットをする時は運動をしなさいと言われているのです。

ダイエット中に運動(エクササイズ)すると効果的と言われる理由 総括

以上が、ダイエットをする際に「運動をすると良いよ」と言われている所以です。

①運動をすることで、体脂肪を燃焼することが出来る

②運動をして筋肉量を増やすことによって、基礎代謝量が増える

③蠕動運動が活発になり、老廃物の排出がスムーズになる

運動(エクササイズ)をすることは、ダイエットに不可欠の要素です。

しかし、それは決してダイエットのためだけではないと思います。

ダイエットを通して健康にも近づけて行けるので、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

今回の講義はこれで以上になります。

次回の講義をお楽しみに。

レオナ

コンテンツ一覧へ