レオナです。

今回は、ダイエット中におけるモチベーションの管理について講義をしていきます。

ダイエットをいざ始めてみると、「ダイエットを継続すること」自体が、意外に難しいことに気づくと思います。

何かを「始める」ことももちろん難しい(やる気という意味で)ですが、それ以上に「継続」させることが難しい…。

これはダイエットに限らず、「資格取得のための勉強」や「副業」にも言えることですね。

ダイエットが中々続かない、そう感じているのはあなただけではありません。

この講義では、ダイエットのモチベーションが続かない本当の原因について言及し、その原因を解決する効果的なアプローチについてお届けしていきます。

モチベーションを持続させ、是非ともダイエットを成功させて下さい。

それでは行ってみましょう。

ダイエット中のモチベーションを上げる具体的な方法について

まず最初に、ダイエットのモチベーションが続かずに、挫折してしまう原因について知っていただかなければなりません。

もちろん、心理的な原因が全てを占めます。

私が思う、ダイエットのモチベーションが続かない(挫折してしまう)原因は以下の通りです。

「動物の本能を理解していない」

このままでは分かりにくいと思いますので、詳しく解説していきます。

ダイエットを本当の意味で成功させるためには「正しい食習慣」「正しい運動習慣」の両方と、そのバランス感覚が必要になってきます。

何故かと言うと、食習慣と運動習慣のいずれか、もしくはその両方が崩れてしまうことで太ってしまうからです。

「ダイエットをしたい」と言っているそばからお菓子を食べ散らかす…。

「痩せたいんだけど」と声に出しているにも関わらず、ふて寝ばかりしている…。

それでは本当の意味でダイエットを実現することは不可能です。

そういった意味で「正しい食習慣」と「正しい運動習慣」の獲得は、ダイエットを成功させる(成功させ続ける)ことにとって必要であり、そこを目指すべきであります。

しかし、あなたがそのことに気づき、食習慣と運動習慣を改めるべく行動したとしても、大きな壁にぶち当たります。

それが今回のテーマである「モチベーション」です。

何かを続けることは、大きなエネルギー(意志の力)を必要とします。

それはダイエットも例外なく当てはまります。

・甘いものが本当は好きだけど、ダイエット中だから我慢する。

・本当は運動が嫌いだけど、ダイエットのためにイヤイヤランニングをする。

確かに、ダイエットをし始めた当初はやる気に満ち溢れ、少々嫌なことでも行動に移していくことが可能です。

しかし、ダイエットを続けていくに連れて、「少々嫌なこと」を行動に移すことが段々と辛くなってきます。

それはストレスになり、ダイエットに挫折してしまう原因になるのです。

あなたも何となくイメージが出来るのではないでしょうか。

何故それが起きるか?

動物の本能を理解していないことが原因です。

私達人間も、動物の1種類であります。

食欲、性欲、睡眠欲と言った「生理的欲求」を始め、様々な欲求を持っていますよね。

今回は、「承認欲求」や「自己実現欲求」と言った人間特有の「社会的欲求」のことは忘れてください。

あくまでも、「動物」カテゴリーにおける「ヒト」という括りで捉えていただきたいと思います。

動物は、本能的に「短期的な欲求」を求めています。

短期的な欲求とは、「今すぐこうしたい」「楽をしたい」という、非常に動物的な欲求のことです。

例えば「今すぐ食べたい」「楽をしてダイエットをしたい」「今すぐ寝たい」といったものを指します。

「今すぐ」「楽をして」。

これは、ダイエットにおける「今すぐ、楽をして痩せたい!」の欲求にも当てはまるのです。

しかし、本当の意味でダイエットをするためには「短期的な欲求(今すぐ)」と上手く付き合う必要があります。

ここで注意していただきたいことは、あくまでも短期的な欲求と「上手に付き合う」ことです。

「今すぐ」「楽をして」の欲求は、言うならば衝動的な本能ですので、動物である私達の中から消し去ることは出来ません。

「食べたい」「生殖したい」「寝たい」と同じように、動物の遺伝子に刻み込まれた「欲望」なのです。

本能ですので、完全に消し去ることは出来ません。

なので、上手に付き合うことが肝心になってきます。

ダイエットに失敗する人は、「短期的な欲求との付き合い方が下手」とも言えるでしょう。

分かりやすく言えば「あまりにもストイックなダイエット」をしています。

アメとムチの、ムチだけを使っているということです。

ひたすら我慢、我慢、我慢…。

確かに、ダイエットをする上で「正しい食習慣」と「正しい運動習慣」の獲得は必要不可欠です。

しかし、そこでストレスを溜め込みすぎると、「バカ食い」という形で反動が出ます。

結果、ダイエットのモチベーションが続かずに挫折に終わってしまうのです。

それでは、どういった形でダイエットのモチベーションを上げれば良いのでしょうか。

ダイエット中のモチベーションを上げる具体的な方法~実践編~

ポイントはとても簡単です。

「短期的な欲求をところどころ満たしていく」ことに注意を払ってください。

具体的には、

・1週間ダイエットが続いたら好きなものを食べる。

・食事や運動以外でストレスを解消する。

ことが効果的です。

「今すぐ痩せたい」「楽をして痩せたい」という短期的な欲求を押し込み、「節度ある生活習慣」を身につけることは、決して簡単ではありません。

短期的な欲求を押し込むと、当然ながらストレスになります。

ストレスを溜め込みすぎるとリバウンドという良くない結果に結びつきますが、もちろんストレス無しでダイエットは出来ません。

つまりそこで「短期的な欲求」と「理性」がぶつかるわけです。

するとストレスが溜まります。

あなたがするべきことは、ストレスの「ガス抜き」をしてあげることです。

頑張った自分に、ご褒美という形でストレスを緩和させるのも吉。

趣味や仕事にストレスをぶつけるのも良いと思います。

ダイエット中のモチベーションを上げる具体的な方法 総括

ヒトを含めた動物は、生まれながらにして、「今すぐ」「楽をして」といった短期的な欲求を持っています。

本能とも言うべきですね。

ダイエットは、短期的な欲求を理性で押し込まなければなりません。

まさしく本能VS理性です。

そこにストレスが生まれるので、そのストレスと上手に付き合うことが肝心であります。

ダイエット中にモチベーションが下がる原因(ストレス)と真摯に向き合い、それを解決していくことが「ダイエットにおけるモチベーションを上げる」ことにも繋がってきます。

是非とも参考にしてください。

レオナ

コンテンツ一覧へ