レオナです。

 

今回は、腸の老廃物をデトックスする必要性と方法論について講義をして行きます。

そして、腸の中をきれいにした後に起こるダイエット効果についても論理的に解説していこうと思っています。

前回の記事では「身体をデトックスすることがどうしてダイエットに繋がるのか」を講義してきました。

 

前回の内容を踏まえて、何故腸をデトックスする必要があるのか。

腸に老廃物がたまることによってどのような支障をきたすのか。

それを解決するにはどのような方法があるのか。

様々な「何故」について言及し、腸をデトックスすることによって起こることについて順序を追ってお届けしていきます。

まずは、「どうして腸をデトックスする必要があるのか」からについて、その理由から解説しようと思います。

 

腸をデトックスすることによるダイエット効果

 

どうして腸に存在する老廃物をデトックスする必要があるのでしょうか。

何故なら「腸」は、私達の身体の中で「老廃物を排出する量」が一番大きいからです。

いの一番で一番骨が折れるところから始めることにより、その後に続くデトックスの流れもスムーズになります。

腸における老廃物とはすなわち「便」。

便の中に存在する老廃物の質量は、汗や尿などに混ざっている老廃物の質量と比べて大きいのです。

汚い話になるのですが、実際のところその事実は疑いようもないかと思います。

体外に排出する老廃物の総量の多くを担う腸。

最初からラスボスからやっつけようという話です。

肝臓や腎臓のデトックスをする前に、腸のデトックスをし終えることが出来れば、後はそれほど苦労をすることはありません。

なんたってラスボスですから笑。

肝臓をデトックスするよりも、腎臓をデトックスするよりもまず初めに「腸」のデトックスをすることが大切です。

 

では、どうして腸をデトックスすることがダイエットに繋がるのでしょうか。

その原因は2つあります。

  • 腸に溜まっている便自体が質量を持っているため
  • 腸に溜まっている老廃物を取り除かない限り、栄養の吸収がスムーズになされないため

というのが理由になります。

このままでは「?」だと思いますので、1つずつ解説をしていこうと思います。

 

  • 腸に溜まっている便自体が質量を持っているため

あなたがダイエットに行き詰まっている原因が「身体に老廃物が溜まっているため」というのは、前回の記事でお伝えした通りです。

詳しくはこちらの記事を御覧ください>>老廃物をデトックスすることによるダイエット効果とその具体的な方法とは

身体に老廃物が溜まっていることで、老廃物自体の質量が体重を増加させる原因になります。

そして今回のテーマである「腸」。

腸の中には便がたくさん詰まっているのです。

日本人一人あたり、腸内に2~3キロ、多い人で5キロ以上もの便が溜まっていると言われています。

ダイエットに悩むあなたも例外ではないかと思います。

昨日「朝ごはん」「昼ごはん」「夕ご飯」の3食を食べたのに、排便の数は0~1回。

食べた量に対して排便の数が少ないのではないでしょうか。

これでは腸内に、便のかさが増えていく一方です。

そして、現代の日本人にとってはさほど珍しいことではありません。

便の質量自体があなたの体重を引き上げている原因の1つになります。

逆のことを言えば腸内をデトックスして便の質量を減らすだけでもダイエット効果が表れるということです。

 

  • 腸に溜まっている老廃物を取り除かない限り、栄養の吸収がスムーズになされないため

あなたも御存知の通り、腸の働きは老廃物を排出する以外に「栄養を吸収する」という役割も担っています。

腸に便が溜まっている状態によって、栄養を吸収する効率が著しく悪くなります。

身体がその状態に陥ると、脳からは「このままだと栄養が不足して死んでしまう」というメッセージが発信され、脂肪を産生して非常時のエネルギー源にしようとするのです。

それだけではなく消費されるエネルギーを減らそうとして、代謝機能を引き下げます。

つまり、腸に老廃物が溜まっている状態が続くと「脂肪が溜まりやすくなる」「身体が省エネモードになる」ということなのです。

腸内をデトックスすることによって、これらの問題は解決され、結果として「脂肪がたまりにくい」「身体の消費エネルギーが増えて脂肪が燃焼しやすくなる」ことが表れます。

 

以上が

  • 腸に溜まっている便自体が質量を持っているため
  • 腸に溜まっている老廃物を取り除かない限り、栄養の吸収がスムーズになされないため

の説明になります。

 

腸をデトックスすることがどうしてダイエットに繋がるのかがご理解いただけたかと思います。

ではどうして腸に老廃物が溜まってしまうのでしょうか。

次項ではそれについて言及していきます。

 

どうして腸内に老廃物が溜まるのか

前回と内容が重なるところがあるのですが、大事なところなので「腸内に老廃物が溜まる原因」について説明します。

 

その原因は2つ考えられます。

  • 食べ過ぎている
  • 腸内環境が悪いから

それでは1つずつ順序を追って解説していきます。

 

  • 食べ過ぎている

単に食べ過ぎていることによって老廃物の量が増えるということです。

昨日3食食べたのに排便が1回しかない。

必然的に、腸内では残り2食分の便が溜まっていることになります。

それが毎日のように続いていけば、老廃物(つまりうんちです)が腸内に溜まっていくのはお分かりになると思います。

また、食べ過ぎは腸内に便を溜めるだけではなく、余分な脂肪を作る原因にもなります。

故に食べ過ぎはダイエットの敵なのです。

 

  • 腸内環境が悪いから

現代人の多くは、その食生活の悪さから腸内環境が悪くなっています。

悪い食生活を定義すると

・慣行農法によって栽培された野菜を食べる

・成長促進剤・抗生物質を飼料として与えられた家畜の肉を食べる

・放射能に汚染された地域で水揚げされた魚介類を食べる

・食品添加物が大量に使われた加工食品を食べる

ことです。

これらを食べると、あなたの腸内に生息している「腸内細菌」の活動を抑制し、死滅させてしまうことに繋がります。

腸内細菌とは、腸内環境の調整や免疫機能に密接に関わっている生命体です。

「悪い症生活をし続けることによって腸内細菌が死滅する」→「腸内細菌が死滅することによって腸内環境が悪くなる」→「老廃物(便)の排泄が上手に働かなくなる」

つまり腸内環境が悪くなることで、排便機能がうまく機能せずに老廃物が溜まるというわけです。

 

  • 普段から食べ過ぎているから
  • 腸内環境が悪いから

これら2点が「腸に老廃物が溜まる」原因になるのがお分かりいただけたかと思います。

 

ではその原因を踏まえた上で、腸内に存在する老廃物をデトックする方法として何が在るのでしょうか。

次項では具体的な腸のデトックス方法をお伝えしていきます。

前述の通り、腸の老廃物をデトックスすることは、「肝臓」「腎臓」などをデトックスする前段階です。

腸を初めにデトックスすることによって、これ以後行うデトックスの流れがスムーズになるかと思います。

まずはラスボスからやっつけましょう。

 

腸をデトックスしてダイエットに活かす方法とは

腸に存在する老廃物をデトックすることによって

・老廃物の質量分が軽くなる

・栄養の吸収が良くなって代謝機能が増す

というメリットが生まれます。

 

腸に存在する老廃物とは、つまり「うんち」のことです。

日本人は腸内に約2~3キロものうんちを溜め込んでいると言われています。

つまり、腸に溜まっているうんちを出すだけであっという間に「2~3キロ」のダイエット効果が生まれるというわけです。

それだけではなく栄養の吸収効率が上がるので、今まで脳から与えられていた「栄養が足りなくなっているから脂肪を溜め込んで飢餓に備えよう」という指令も解除されます。

従って、脂肪に回っていたエネルギーが、きちんと消費されてエネルギーに変換されるのです。

 

私からは「腸内デトックス」の方法として3つ提案させていただきます。

もちろん、これ以外にも方法はたくさんありますが、あなたの日常に直ぐに取り入れることが出来るものをピックアップしてあります。

  • 発酵食品を食べる
  • 腸もみ運動をする
  • 跳躍運動をする

それでは1つずつ解説していきます。

 

  • 発酵食品を食べる

まずは「食事」という観点からのアプローチです。

何故発酵食品が腸内デトックスに有効なのかというと、「発酵食品は腸内環境を整えてくれる」からです。

発酵食品とは、微生物の力を使って食品の性質を変化させたものを指します。

例としてはぬか漬け、テンペ、味噌、醤油などですね。

発酵食品を食べることによって、微生物を外から吸収することが出来ます。

微生物を外から吸収することによって、腸内細菌の応援をしてもらうことが可能になるのです。

菌の補給によって、菌の働きを助けてもらう。

すると腸内細菌の働きが活発になり、腸内環境が整い始めます。

腸に溜まっていた老廃物の排出が促され、結果としてデトックスに繋がるのです。

これが、発酵食品を食べることによって腸のデトックスが行われる仕組みになります。

日々の食生活に発酵食品を取り入れて見てください。

次に行ってみましょう。

 

  • 腸もみ運動をする

腸もみ運動によって、腸の蠕動運動を活発にして排便を促す方法です。

腸もみ運動とは、その名の通り「お腹をモミモミすること」。

蠕動運動とは、腸が便を排泄しようとして無意識に動く運動のことを指します。

つまり、お腹をモミモミすることによって、腸が便を排泄しようとする働きを意識的に起こそうというわけです。

やり方はとても簡単で、面倒くさがりな私も続けることが出来ています。

寝っ転がって、お腹をモミモミするだけです。

「え、これだけなの?」

と思われるかもしれませんが、本当にこれだけです。

布団の中で目を覚まし、まどろむ中でも行える運動なので、是非ともやってみてください。

腸もみ運動の効果をさらに上げたければ「傾斜版」を使っても良いと思います。

もちろん、そのまま寝っ転がって腸もみ運動をしても効果があるのですが、「傾斜版」を使って重力の力を味方につけることでより高い効果が期待できます。

それでは次に行きます。

 

  • 跳躍運動をする

跳躍運動とは、トランポリンや縄跳びといった「上下運動」のことです。

跳躍運動は腸もみ運動と同様に、腸の「蠕動運動」を活発にしてくれます。

跳躍運動は場所も取らず、誰でも手軽に出来る運動だと思います。

運動をすることによって蠕動運動を活発にするという目的であれば「ランニング」「乗馬」なども候補に上がりますが、場所と時間の制約が多いことから、私としてはあまりお勧めできません。

もちろん、出来ないこともないかと思いますが中々継続できないと思います。

「死ぬほど走りたい」「死ぬほど馬に乗りたい」という場合は、是非ともやって見てください。

私としては跳躍運動をお勧めします。

腸をデトックスしてダイエットに繋げるという目的がある以上、「無理なく継続する」ことが大事だからです。

トランポリンや縄跳びなどは、誰でも手軽に継続できる「跳躍運動」です。

 

・発酵食品を食べて腸内環境を整える

・腸もみ運動をして蠕動運動を活発にする

・跳躍運動をして排便を促す

 

エッセンスを抜き出すと「腸内環境を整える食生活を整える」「蠕動運動を活発にして排便を促す」ということです。

腸のデトックスをして便の質量を体重から減らして代謝を良くする。

これが今回の要点になります。

それではまとめに入りましょう。

 

「腸をデトックスすることによるダイエット効果とその必要性」総括

・腸に存在する老廃物をデトックスする必要性。

→老廃物自体が質量を持っているため。老廃物(便)をデトックスするだけでも2~3キロのダイエットになる。

 老廃物が栄養の吸収を妨げているため。腸に存在する老廃物が栄養の吸収を阻害することによって、脂肪が溜まりやすくなる。何故なら、栄養が正しく吸収されないことによって脳が「栄養不足なので脂肪をためて飢餓に備えなければならない」と思考して脂肪をためるから。

 

・どうして腸内に老廃物が溜まるか。

→単に食べ過ぎているため。便として排出される量よりも食べる量が多いから。

 体内で消化吸収できない食べ物を食べることで、腸内環境が悪くなるため。腸内環境が悪くなるとスムーズに排便がされない。

 

・腸内デトックスをする方法。

→発酵食品を食べて腸内環境を整える。

 腸もみ運動をして蠕動運動を活発にする。

 跳躍運動をして排便を促す

 

今回の講義はこれで以上になります。

是非とも参考にしてください。

レオナ

コンテンツ一覧へ